クズ上等!ヒモ女になりたい人必見!女版のヒモになる方法とは?注意点やコツを徹底解説!

働くのめんどくせぇー。

男のヒモになって暮らしたい…。

 

と、このように働かずにヒモ女になって暮らしてみたいと心から願っている人は一定数いるのではないでしょうか。

 

実際、バイトをしたとしても時給は1000円程度。

そのために、嫌な人間関係に悩まされたり、上司に叱られたりダルイ時間を過ごすのはごめんですよね。

そうやって働いてもようやく手に入れられるのは月10数万程度。

こんな調子で過ごしていったら人生が終わってしまいます。

 

唐突に言いますが、私は数年前ヒモ女になっていました。笑

誰かに「お前はクズだ!」と言われてしまうことでしょう。

ですが、経験者として言えるのは働かないで暮らせるのはとても素晴らしいことであると、断言できますね。

クズになれる者こそがヒモ生活を送るということができるのです。

言い換えれば、クズになれない人間にヒモ女は務まらないでしょう。

 

嫌ならこちらの世界には来ない方がいい。

 

私はクズですので、一人暮らしの男の家に入り浸り、ご飯をごちそうになったり、適当に床をクイックルワイパーで掃除してその代金としてお小遣いをもらったりして過ごしていました。

ダラけた生活でしたが、あのヒモ期間は仕事をせずに毎日昼寝三昧、雑誌を読んだり、買ってきてもらったマックやおやつを食べたり、スマホをいじったりして過ごしていてはっきり言って最高でしたね。

 

今回はこんな「私こそは正真正銘のクズ女!」「いくらでもクズになれる!」というヒモ女を希望されている女子に向けて、

 

  • ヒモ女になるってどんなメリットがあるの?
  • 実際にヒモってどんな生活になるの?
  • どうやって相手を見つけるの?

 

など、ヒモ女になるためについて、わからないことを解説していきます!

これを読み終わる頃にはあなたはヒモ女に片足を突っ込むことになります。

クズになれる準備はできていますか?

 

ヒモってどういう意味?ヒモの女版とは?

「ヒモ」とは、仕事をせずに異性の恋人のような存在をみつけてその相手から生活費やお小遣いをもらう、そんなニートのような人間のこと。

要は相手の稼ぎで生活をするため、まるで財布にまとわりつく”ヒモ”のようだという意味でよく使われています。

 

昔の財布は口にヒモがついていて縛って使っていたため、古い言葉で、今でもこのような言われ方をしているのですね。

 

ちなみに男性がお金持ちの女性に養ってもらうことを「ヒモ男」と呼び、そんなヒモ男を養うことを「ヒモ女」とも言うそうですが、これはちょっとズレていますよね。

 

財布のヒモになるという意味なら、女性だって、「ヒモ女」という言い方で良いような気がするんです。

 

ですので、ここでは男性に生活費やお小遣いをもらいたい女性を「ヒモ女」と定義して解説していきます。

 

ハムちゃん
ハムちゃん

ヒモ男にヒモ女、ラクして生活したいのはみんな一緒だね

 

ちなみに、筆者も数年前にヒモ生活をしていましたので気持ちはよく分かりますし、ぶっちゃけ相当楽ちんな生活をしていました。

しかもヒモ女になるのって難しいことではありませんし、誰でもヒモになることぐらいできます。

 

クズというわけではなくても、

  • 今、体調を崩していて働くことができない
  • 次の仕事が見つかるまでのつなぎにしたい

という人も是非、今だけでも誰かのヒモになって生計を立てていきましょう。

 

ハムちゃん
ハムちゃん

誰かの財布のヒモになって楽に生活する。

それがヒモクオリティ

ヒモ女になるメリット・デメリット

まず、ヒモ女になると言ってもメリットはもちろんありますが、デメリットもあります。

こちらでヒモになることについてよく熟知しておきましょう。

デメリット1履歴書に書けない

まず私がヒモになって一番まずいなと思ったのはヒモをしてニートになっているときのことを後から履歴書に書けないということです。

ヒモを2~3年やっていた場合、その間なにをしていたのか面接で説明をすることができないですよね。

ウソはつけないし、ヒモやってたなんて言えないよ…。

 

この対処法としては、週に2~3日で短時間のアルバイトをしておくとか、うつ病などで働けなかったなど上手い言い訳を考える必要があります。

学生なら別にいいのですが、社会人だとニート扱いされてしまいますのでこの点は考えておくべきでしょう。

 

ちなみに私は週3でアルバイトをやっていました!

これだとあとから履歴書に書けますし、いちいち「週に何回働いていましたか?」なんて聞かれないので一応社会人経験として見なされるため、好都合でしたね。

デメリット2友達に言えない

2つめは友人には言えない…ということ。笑

まさか

「男に金もらって生活してるんだよねー」なんてまともな人に言ったらドン引きされるのでやめておいた方がいいでしょう。笑

なるべく友人には「仲良くしてる男性がいるんだよ」と言って誤魔化すなどしておきましょう。

デメリット3社会復帰がダルくなる

一度でもヒモ生活を味わえば蜜の味…。

ラクな生活を送ると後々社会復帰するのがとってもつらくなってしまいます。

 

ですので、軽くアルバイトをしておくとか、ヒモ生活の間にやってみたい仕事などをイメージしておいて求人などを見ておく、または資格の取得をしておくといいですよ。

もしいいタイミングで求人が見つかれば応募してみることもできます。

ヒモ生活を意味のあるものにしておくことも大事でしょう。

メリット1食費やお金に困らない

そして、ここからは実際に「ヒモ女」をしてみて実感したメリットを挙げていきます。

まず一番のメリットは食費などは出してもらうため、生活に困らないこと。

 

相手の男性によっては

「テーブルにお金置いておくから使ってもいいよ!」と言って自由に使わせてくれる人もいました。

ハムちゃん
ハムちゃん

おぉ~神よ。

男性は仕事へ出かけて、自分はその間にそのお金を使ってご飯を買ってきてテレビを見ていたりしました。笑

他にもデリバリーのピザなどを買ってくれたり、一緒にでかけてスイーツなどをごちそうしてくれたりとご飯に関しては本当に困ることがないのでとても助かるのがヒモ生活ですね。

メリット2親元から離れられる

ヒモにしてくれる男性と同棲ができるようになれば、親元から離れることも可能です。

毒親だったり、親子関係が悪かったりすると、どうしても家を出たいと思うようになると思いますが、自分で家賃を払って生計を立てるのはなかなか大変です。

 

そんなときはヒモになってくれる男性を探してみるのがオススメ。

基本は仕事に言っている間に、家でのんびりしていればいいので、親からうるさいことを言われないし、働く必要もないため、自由に過ごすことができました。

 

逆に暇になりすぎてしまうため、他にやりたいことなどを見つける時間にもなるでしょう。

メリット3仕事をしなくてもずっと寝ていられる

個人的に一番よかったのはコレです。笑

ヒモ生活をしている間は、仕事はほとんどしていないので一週間の大半は朝は寝ていられるということ。

朝早くおきて仕事に行かなくていいというのは至福そのものです…。

 

ヒモになるときの3つの注意点とコツ

「ヒモ女になりたい!」と思ったときに、どのような相手を狙うべきか、また注意点などがありますのでこちらで解説していきます!

年上を狙う

まずこれは結構大事なことですが、必ず年上を狙うようにしてください!

やはりヒモになるためには相手の財力が必要となりますので、よりお金を持っている年上にいくべきです。

男性版のヒモである「ヒモ男」達も、タメ・年下より年上のお姉さんを頼っていることがありますよね。

 

同じく、ヒモ女も相手の男性が社会人になってから年次を重ねれば給料も増えていきますので、最初から年上を狙った方がスムーズ

若い男性はお金を持っている人はほとんどいないし、最近では割り勘主義の人も多いです。

無い袖を振ることはできませんので、年上に行った方が話が早いでしょう。

最初はヒモ願望を出さない

次に注意してほしいのは、いきなり

「ヒモにしてください🥺」

と言わないことです。

 

まずは、友達になるように仲良くなっていき最初はご飯をごちそうしてもらうところからスタート。

そのようにしていると、毎回ごちそうしてもらうのが当たり前になっていき、しばらくその関係になっておいて徐々にドラッグストアで細かい物を買ってもらったり、お小遣いをもらっていくなどステップアップしていく必要があります。

 

  1. ご飯を毎回奢ってもらう
  2. 安い買い物も支払ってもらうようにする
  3. 現金のお小遣いをもらう

このようにステップアップをしていくとうまくいきやすいです。

いきなり金目当ての女が近寄ってきたら、男性は嫌がりますし警戒されてしまいますからね。

ですので、まずは仲の良いご飯友達になるようにしてから徐々にお金がもらえる関係になっていくことがポイントとなります。

見た目には気を付ける

ヒモ女を養う男性は、相手の女性がタイプだったり可愛かったりするから「お金を出す価値がある」と思うようになるのです。

ですので、あなた自身もある程度容姿が必要となってきます。

例えば、

 

  • 相手の男性より10歳以上若い
  • スタイルが良い
  • 顔が可愛い
  • 雰囲気や声が可愛い

などの魅力があると男性を惹きつけることができるため、これらの魅力をいくつか持っておいた方がいいでしょう。

ヒモ女になる方法を解説!

では、さっそくヒモ女になるべく、養ってくれる男性を探す方法をこちらで解説していきます!

肝心の相手を探す方法をこちらでしっかり覚えてくださいね!

基本的にネット経由で探すことをオススメします。

 

というのも、学校の同級生や職場の男性に「ヒモにさせてください」なんて言えるわけないですからね。

こちらではヒモ女になるべく相手を探す方法を解説します。

出会い系サイトで探す

ワクワクメール無料登録・公式サイトはこちら

まずひとつめは出会い系サイトを使ってみるということです。

出会い系サイトでは

・ご飯友達募集

という掲示板があり、ここにアクセスすればご飯仲間を探している男性がいます。

このように地域で検索して会えそうな範囲の人を検索。

すると「ごちそうします」というアイコンに色がついている人がいますので、こういう人だとごちそうしてもらうことが確実にできます。

 

まずはこのようなご飯を奢ってくれる人をみつけて食事をしてみて、そこから徐々に仲良くなっていってヒモ状態になるということが可能。

 

最初からお金を出してくれる前提なのでヒモ女にさせれくれやすいです。

 

出会い系サイトは女性の場合無料で利用することができますので、一度登録してこのような人をみつけてみるのがオススメです。

パパ活で探す

次にオススメなのはパパ活。

こちらは、年上の男性(30代~50代ぐらい)とご飯にいくだけで「謝礼」がもらえるというシステム。

パパ活サイトというものを利用すると相手をすぐに見つけることができます。

やりとりをして謝礼の金額を相談し、決まったら待ち合わせ場所に行ってご飯を食べるだけ。

 

ご飯は男性がもちろん奢ってくれますし、あなたは相手の愚痴などを聞いてあげるだけでOK。

終わったら約束の謝礼をもらって解散すればOK。

このパパ活も「定期的に会ってほしい」と言われたら定期という形でヒモ女になって頻繁にお小遣いをもらう関係になることができるためとてもオススメ。

 

だいたい1回の食事で5000円~30,000円程度が相場になっていますのでかなり稼ぎやすいです。

1か月に10人ぐらいと会えばかなりの金額になってきますので、下手にアルバイトなどをするよりも稼げますね。

 

ただ、大人の関係を求めたりする男性もいますのではっきり断ることが大事!

ちゃんと食事だけというルールを決めて毎回行えばとてもいい条件で稼げますのでオススメです。

 

こちらもアプリやサイトは無料で使えますので、気軽に登録してみましょう。

シュガーダディ公式サイトはこちら

オススメはこちらのシュガーダディというサイト。

フリーのメールアドレスで登録ができるため気軽に始められます。

掲示板などですぐに会える人を募集することができますので是非やってみましょう。

 paters(ペイターズ)男性会員様専用公式ページはこちら

 paters(ペイターズ)女性会員様専用公式ページはこちら

こちらはパパ活専用のアプリ。

電話番号認証が必要となりますので、承認をしてもOKな人はこちらを使ってみるのもアリです。

 

 

どちらのアプリも男性会員はたくさんいますので、併用してたくさんの人と会ってみることが大事でしょう。

 

おわりに

女子でもヒモになりたい!という人に向けて解説させてもらいました。

 

ヒモ期間は非常にラクな生活ができますが、社会復帰しずらい点があるため注意が必要です。

学校に通いながらだったり、軽くアルバイトをしたり、資格の取得勉強をしたりと何かに取り組んでおくのがオススメです。

 

男性はサイトやアプリで募集をかければ割と簡単に見つかりますので、生活の足しなどにするのには非常に便利です。

今では多くの女子が利用していますので、安心して使うことができます。

 

ぜひあなたもヒモライフを人生で一度は経験してみてはいかがでしょうか?笑

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました