東京でパパ活だけで生活することは可能?実際にパパ活をやってみて思ったこと、専業パパ活について!

パパ活

 

働かないでパパ活だけして生活していきたい。

でもそれって可能なの・・・?

パパ活は食事のみでお手当てをもらうことができる活動ですが、

「専業パパ活」つまりパパ活だけで一人暮らしをして、毎日の生活費を稼ぐことができるのか

という疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。

 

ペイちゃん
ペイちゃん

やぁ!私はペイちゃん。

東京都内でパパ活をまぁまぁ頑張っている猫だよ!

今回は私がパパ活を実際にやってみて、

「パパ活1本でやっていくのって可能なの?」

という疑問に対して思ったことを解説していくよ!

 

大人の関係(ドカタ)有りなら割と簡単

パパ活は

・食事のみでお手当てをもらう

・大人の関係ありでお手当てをもらう(膣ドカタとも呼ばれる)

という2種類が存在します。

 

後者である「大人の関係ありきのパパ活」なら、東京で生活するのは割と簡単です。

1回あたりのセックスで5万ほど稼ぐ子もいますので、月4回のセックスをすればOLの給料ぐらいは手に入る計算になるから。

 

カラダを使って稼ぐということは実質、風俗勤めとあまり変わりがありませんので稼げることは容易に想像がつきますね。

ハムちゃん
ハムちゃん

夜職は給料が高いから若い子でやる人は多いよね

ですが、

大人の関係は絶対無理!!

食事のみパパ活でやっていきたい!

 

と思う女性が多いのが実際のところ。

では、食事のみパパ活で生活できるのか?ということを解説していきます。

食事パパ活だけで生活は可能!だけどぶっちゃけキツイ

まず、結論から言うと実際にパパ活をやってみて

食事のパパ活だけで生活できることは可能だろうな。

と思いました。

ですが、食事だけゆえにぶっちゃけキツいのは間違いありません。

理由は以下の3点。

1、不特定多数に会いにいく危険

まずパパ活は「知らないおじさんに一人で会いにいく。」というちょっとした冒険を毎回する必要があります。

ネットのニュースで見たことはあると思いますが、アプリやSNS関連の出会いで多々、トラブルや事件が起こっていることはあなたもご存じでしょう。

そして、被害者は十中八九、女性となっています。

 

このようなアプリを使う男性の中には欲望が抑えきれない男性や、何かを企んでいる男性が一部紛れ込んでいることも事実。

多くの男性に会いまくるということは、その分、そのような地雷にあたってしまう可能性も高くなるということ。

そんなロシアンルーレットみたいなことを毎回しなくてはいけないので、まずは危険だと言えます。

 

ただ、このような危険な人物はアプリ内のやりとりですぐにわかる(言葉遣いがおかしい、会話にならない、自己中心的な要望を押し付けてくる)ため、メッセージの段階で変だと思えばそのような人と会わなければ解決します。

また、新宿や渋谷など人通りの多い場所で待ち合わせをすれば変なことはされませんので危険を回避できる。

 

自己防衛をしつつ、見極める力を持って、会いにいくということが大事ですね。

2、世間体が悪くスキルにならない

第二に「世間体が悪い」ということ。

私ね~パパ活で生活してるの

 

え?コイツやべぇ

「パパ活」という言葉は世間に浸透していますが、まだまだ偏見を持っている人が多いのも事実。

中には「援助交際と同じでしょ?」と思っている人も多数いるため、なかなか人に言い出せるような職業ではありません。

人に職業を聞かれたときにパパ活だと答えない場合は、適当にウソをつくことになります。

 

一度ウソをつけば、さらにそのウソをつくためのウソを用意しなければならない。

ウソにウソを重ねるとどんどん広がっていきますのでかなり苦しくなってしまいますよね。

 

またパパ活というのは世間では職業として認められていません。

そのため、履歴書に書くこともできず、なんのスキルにもなりません。

後々やりたい仕事が見つかったけれど履歴書に何も書くことができない・・・

「私は何をやっていたんだろう・・・」

と思うことのないようにしたいものです。

3、不安定

パパ活はキャバクラのようにお店に努めるわけでも、誰かに雇われることもなく、言わば自営業のようなもの。

自分で稼いでお手当てをもらわなくてはいけませんので、非常に不安定な仕事です。

例えば、風邪で一週間働けないと、その分の収入はマイナスに。

更にコロナのような予期せぬ事態に陥った場合も何の保証もありません。

 

また、いつも食事をしていたパパの会社の経営が傾いて関係を切られてしまう、他にもっと良いPJがいたからという理由で切られる、ということも往々にしてありますので、パパ活に「安定して稼げる」なんてことはないのかもしれませんね。

 

…と、アレコレと不安要素を並べ立てましたが、でも実際食事のみパパ活で稼ぐことは可能ですし、現実にそのような人も多くいるのではないでしょうか。

と言いますのもパパ活を自分でやってみて思ったのですが、食事のみでパパ活で稼げる根拠はちゃんとあります。

東京で食事パパ活のみで生活できる理由3つ

1、都心部はパパの数が無数にいる

私が活動しているのは、主に東京都の都心部です。

他、大阪や名古屋、福岡などもそうですが、このような地域はパパになってくれるおじさんが無数にいるなと感じています。

 

パパ活アプリに登録すれば、おじさんのアイコンがズラーーっと地獄絵図のように並び、出会い系サイトに登録すれば男性からのオファーメールがじゃんじゃん届く。

もちろん全員が全員、金払いの良い男かと言えばそうではないけれど、これだけ男がいれば複数のパパを持つことってそんなに難しいことではないよなと感じています。

 

例えば容姿が著しく悪い(肥満体質)や、高齢(50代以降)などなら厳しいですが、そこそこの容姿で年齢が若ければこの無数の男の中からあなたのパパを見つけるのは決して無理なことではありません。

(ちなみに顔面レベルが普通や、アラフォー女子であってもメイクや服装がちゃんとしていればパパ活をすることは可能です)

とにかく都心部はパパの分母が多いためいくらでもパパが見つかるということになります。

2、本当に食事で1万円もらえる

「メシだけで1万も払わん!!」

という考えのおじさんはもちろんいます、ですが、実際のところ食事で1万くれる人はわりと普通に見つかります。

それどころか2、3万+買い物OKの金払いの良い男性もパパ活をやっていますので、実際に食事のみでこれだけの現金をもらうことは可能です。

 

パパ活アプリに登録している半分はこんなにお手当ては出してくれません。

ですが、このような神のようなタイプの男性をアプリから見つけ出すことがパパ活で生きるために真っ先にやるべきことなのです。

「お手当てを渡さない、ケチだった」

という失敗も中にはありますが、そのような逆境を乗り越えてよいパパを見つけ出していくやる気のようなものがパパ活では必要なのです。

ペイちゃん
ペイちゃん

実際稼いでいるpjさんはびっくりするぐらいの数の男性と会ったりしてるよ…!

3、定期パパを作れば安定する

上記のような食事で現金を十分にくださる神パパを見つけて、そして定期パパになってもらうことができれば、パパ活はひとたび安定します。

 

定期パパの作り方はここでは割愛しますが、要はパパと信頼関係を築いて仲良くなっておくということ。

1回きりの出会いではなく、次もまた食事をしたいと楽しませることが必要となります。

 

1回の食事で1~3万と考えて、少なくとも10~20人の定期パパを作ることができれば、普通に生活ができます。

これぐらいの人数ならパパ活アプリを通して顔合わせをすれば見つかりますのでとりあえずひたすらやり続けることが大事でしょう。

 

パパ活には容姿や若さが必要と言われていますが、それよりも

神パパを複数見つけ出すという図々しさやバイタリティのようなものが一番必要なんですね。

 

ハムちゃん
ハムちゃん

お金を稼ぐって大変なんやなー

では、実際問題、毎月どれぐらいパパ活をすれば生活できるのか?

お金の計算を出してみたので見てみましょう。

パパ活だけで生活するためには毎月いくら稼いで、何人のパパが必要?

東京で一人暮らしはいくらかかる?

まず、

  • 東京都(仮)
  • 女性
  • 一人暮らし

この条件でどれくらいお金が必要なのか逆算して考えます。

 

  • 家賃6万
  • 光熱費+Wi-Fi2万
  • スマホ5千円
  • 食費3万
  • 生活雑貨1万
  • 遊行3万

合計155,000円

そんなに豪華な生活はできませんが、およそ15万円ほど稼ぐことができれば一人暮らしは十分できます。

ただ食事パパがいれば食費はもう少し浮きますし、光熱費なども参考程度。

これに奨学金があったりもう少し美容に使いたい場合でも20万あればなんとか普通に暮らせますね。

 

何人の食事パパを見つける必要がある?

15万~20万程度あれば一人暮らしをすることが可能なことが分かりました。

では、何人の食事パパを見つける必要があるのでしょうか?

 

食事1万円×10人=10万

顔合わせ5千円×10人=5万

 

まず一番現実的な数字は上記で、食事1万程度の定期パパを10人見つける

更にアプリで探した新規パパの顔合わせ5,000円を徴収する×10回と言った具合です。

 

20人と思うと結構めんどくさいですが、例えば土日の午前と午後に分けて2人と会いに行く…などの工夫をすればそこまで面倒ではありません。

1回の茶飯も30分~2時間程度ですのでふつうに働くよりは効率がいいですね。

 

ただし、定期パパで1回の食事で2~3万の場合はもう少し数は減らしてもOKですし、ドカタをしてもOKな人ももう少しラクになります。

 

とにかく1回あたりの食事でより多くのお手当てをくれる男性を見つけられるかどうかがパパ活では最重要。

それができないorめんどくさい、という場合はドカタをやるのが効率の良い稼ぎ方となります。

 

ですが、こんな生活はパパ活を起用にこなせる人じゃないとちょっと難しい…?かもしれませんね。

  • なるべく次の仕事を探すまで!
  • 結婚するまで!

のように期限を決めてこのような活動をすべきだと私は思っています。

そこで、パパ活と併用すべきことをいかにあげていきます。

どれもできていない人は今すぐ着手したほうがいいでしょう。

パパ活と併用してやっておいた方がいいこと

大学や専門に通う

すでに多いと思いますが、学生をしながらパパ活をするということ。

学生のうちはお金がないのが当たり前ですし、奨学金の返済などもあります。

ふつうに時給1000円でバイトしてもたかが知れていますので、学生の間だけパパ活をするのは割と効率のよい方法だと思います。

資格取得・TOEICの勉強

何もしていない人は、パパ活の合間に勉強したほうがいいです。

パパ活をしていた経験は後に残らないけれど、取得した資格は一生の財産になります。

資格を使って、仕事に就くこともできますし、人生の選択肢も広がります。

 

資格に興味がない人はとりあえずTOEICでいいです。

点が高ければ自宅で翻訳の仕事などもできるようになりますし、できる仕事の幅が広がります。

なんでもいいから働いておく

パパ活しかやっていない日々は間違いなく”ブランク扱い”となります。

3年間社会で何もしていなければ、履歴書に書けないし

「あなたは何やってたの?」と聞かれてしまって困るかもしれません。

 

正社員が望ましいですが、なければバイトや派遣でもとりあえず何かやっておいて、あとから経験と呼ばれるような活動をしておいたほうがいいでしょう。

ブランク期間が長ければ長いほど社会復帰が難しくなります。

ブランク期間をできるだけつくらないよう工夫しましょう。

ハムちゃん
ハムちゃん

パパ活しかしていないと社会との関りをなくして病んでしまうかもしれないよ

婚活

最後にコレ。

とくにこれと言った目標もなく、ふつうに幸せに生きていきたいのなら、若いうちに婚活をして結婚して子供をつくるという手段もあります。

(ただし相手にパパ活をしていることは隠した方がいい)

例えば、バイトとパパ活を併用しながら、”フリーター”という扱いにしておいて、彼氏を見つけて結婚するということもできます。

 

ハムちゃん
ハムちゃん

結婚して子供を作って幸せになって、パパ活の過去はなかったことにしようって作戦だよ。

今は結婚しない人が増えているというけれど、結局のところ女子の幸せはここに着地するのではないでしょうか。

結論:食事のみパパ活は可能だがバイタリティが必要

以上、東京でパパ活のみで生活していけるのか?

という疑問に正直に思ったことを述べてみました。

 

実際はもっといろんな例があります。

「ものすごい太パパを見つけて毎月50万振り込んでくれるの!」

「家賃払ってくれるパパがいるから生活めっちゃラク!」

 

やっているうちに上記のようなパパが見つかるかもしれないし、見つからないかもしれない。

現実的には食事1~3おじさんを複数人見つけるというのが一番再現性が高い方法かと思います。

ペイちゃん
ペイちゃん

太パパはやっていく中で見つかるのでまずはどんどん定期pを見つけよう

 

そのためには

  • 根気強くどんどんパパを見つける
  • お金の管理や計算をしっかり行う
  • 目標や期間を定めて行う

あなた自身もしっかりとパパ活で稼ぐという自覚をもって活動していくことが大事。

 

簡単そうに見えて、簡単じゃない。

ラクそうに見えて、ラクじゃない。

だけどやっぱり効率が良いパパ活。

 

パパ活を始める人が後を絶たないのはうまみがあるということなんです。

あなたも是非パパ活を人生に組み込んでステップ台にしてみましょう。

 

女性無料のオススメアプリ一覧はこちら↓

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました